2015年06月23日

認知症予防の脳トレ教室開催〜長野県千曲市〜

 6月19日(金)、22日(月)の両日、長野県千曲市で脳トレ教室を開催しました。長野県の主読紙「信濃毎日新聞」の販社とのタイアップで、22日が9回目の開催。参加者は、各回とも約30名。平均年齢は、約73歳。
 各回とも講師は、こころとからだの介護予防協会・長野の中山と小林(長野市を中心に、脳トレの伝道師と称して活動しています)。
 22日に開いた脳トレ教室では、パズルで脳トレして脳を柔らかにしてから、懐かしのメロディーを大合唱して脳活。この脳トレ教室のテーマの「新聞」を参加者がそろって「音読」しました。参加者には、楽しかったと喜ばれました。終了時には講師がお見送りをしていますが、それぞれ感想を述べてくれて、コミュニケーションの輪が広がります。
 千曲市は、長野市と上田市のほぼ中間で、人口は約60,000人。長野市が長野県の中核都市とすれば、千曲市は衛星都市。このサイズの「街」での、30人バツ12回の開催は、脳トレ・マーケットの可能性を示唆するものと自負しています。(小林)
posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 18:47| Comment(0) | 日記

2015年06月22日

長岡で「第2回アタマげんき教室」を実施

6月21日、新潟県長岡市の施設で「第2回アタマげんき教室」を実施しました。参加者は30代〜80代、男性3名、女性10名、計13名でした。
募集は、市民協働センターで印刷(無料)したチラシを市内の図書館や施設に置いてもらう、市民協働センターのHPにUPしてもらう、市内の情報誌や市の市政だよりに載せてもらうなどによりました。

まず自己紹介し、1)「森村誠一の名分で綴る江戸の四季・江戸の風物詩」(NPO TOSS発行)の音読、2)「アタマげんき」(騒人社発行)で脳トレ、3)「アタマげんきどこどこ」(騒人社発行)でワーキングメモリの脳トレ、4)「起承転結カード」(騒人社発行)で言語野などの脳トレ・・・と進めていきました。
みな熱中し、楽しんでいただけたという印象でした。
まだ単元計画がないので、単発な脳トレ教室という感じですが、将来は、月2回、2週間に1回というような基本の形を決め、その中で毎回変化をもたせていこうと考えています。

参加費は資料代として200円いただきましたが、中には、「200円では申し訳ない」とプラスした金額を置いていかれた方もおられました。(NPO新潟 K 滋子)

posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 16:01| Comment(0) | 日記

2015年06月21日

6月17日、愛知の脳トレ士が「脳トレ教室」を初めて実施

6月17日(水)午後2時〜3時、家の近くのデイサービスで、フロアの一角をお借りして「認知症予防脳トレ教室(ボランティア)」を実施しました。40人弱のデイサービス利用者のうち18人の方が参加してくださいました。実施した脳トレ問題の多くは、「アタマげんき」(騒人社刊)の中から、高齢の実家の母に相談にのってもたい選びました。

盛り上がったのは、「あ行から始まる歌探し」でした。見つけた歌は、即、みんなで歌いました。知っていた歌ばかりでよかったです。
★「あ」は、たくさん出ました。
「あめあめふれふれ母さんが〜」「雨が降ります雨が降る」「赤い靴はいてた女の子」
★「い」は、少し考えてから出ました。
「いつのことだかおもいだしてごらん」「いらかの波と雲の波〜」
★「う」は、すぐ歌いだしました。
「うさぎ追いしかの山〜」
★「え」
「えっさえっさえさほいさっさ」
★「お」みんなでしばらく考えていたら、
今まで全然発言しなかった男性が「オーブレネリあなたのおうちはどこ?」と美声で歌いだしたので拍手喝采でした。「オーブレネリ」を歌った後、「大きな栗の木の下で」を動作をつけて歌いました。

私もしばらくの間、月に1回水曜日にボランティアをやらせてもらうことになりました。

最後に皆さんに手を振ってもらって帰ってきました。自分の脳が一番トレーニングされたような気がしました。(愛知の「認知症予防脳トレ士 I・友子」)

posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 15:16| Comment(0) | 日記

2015年06月04日

5月24日(日)東京で「軽度認知症(MCI)診断士養成講座」を開催

5月24日(日)東京中野区で「軽度認知症(MCI)診断士養成講座」を開催しました。ケアマネ、ヘルパー、クラフト指導員、現役の先生、それに認知症の方を抱えたご家族などが参加され、1)講義、2)自己診断演習、3)KOM診断テスト実習を4時間みっちり、受講されました。

以下、受講生2名の方の感想です。
・認知症が出る10〜20年前から脳トレはしたほうがよい、・・・そんなに前から、脳内は少しずつ変化しているのだ!(家でも意識しようっと。始めなきゃ!) 普段使わない脳の機能が動かなくなるのはきっともっと早い、講座を受けながら実感する。(桑)

・KOM式軽度認知症診断士のすごいところは、診断し、どう生活すればいいかアドバイスできることだ。この診断スキルを学ぶことができたことはとても大きい。実は私0524_3949.JPGは、この演習で、見当識とか空間認識がへこんでいることが分かった。(高)
posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 14:22| Comment(0) | 日記

左下の女性は、なぜ反対向きなのでしょう?????

信毎販売店で「認知症予防脳トレ教室」を実施したときの写真です。参加者はみなさん講師のほうを向いていますが、お一人(左下の女性)だけ講師に背を向けています。この方はなぜ背をむけているのでしょうか??????? お分かりの方は、「問い合わせ(メール)」をクリックしてお答えをお寄せください。(EION)小林・手話.JPG
posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 08:27| Comment(0) | 日記

5月23日、「認知症予防脳トレ士講座」2回目を開催

5月23日、長野県カルチャーセンターMIDORIで、「認知症予防脳トレ士養成 清泉女学院公開講座 初級」が開催されました。今回は5回の講座のうちの2回目で、東京行徳の市川フォレストクリニック院長松野晋太郎医師による「認知症の介護と医療の連携」というテーマの講演でした。1)周辺症状が興奮系か抑制系により使う薬は全く違う、2)薬を増やしすぎると効果がなくなるどころか、副作用が出てきてかえって悪化する3)認知症の種類によって投薬の種類や量が違ってくるなど、動画を入れたお話しは、目からうろこの衝撃的な講演でした。松野0346.JPG
posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 08:02| Comment(0) | 日記

2015年05月06日

5月19・20の両日、認知症予防教室開催

5月19・20日、いずれも14時から、長野・信毎ふれあいネット柳原営業所にて「認知症予防脳トレ教室」実施。講師は上田在住の「認知症予防脳トレ士」中山昭雄さん(写真は前回の三輪営業所で実施した「認知症予防脳トレ教室」のもの)。中山さんは長野駅ビルMIDORIで開催された「清泉女学院公開講座 認知症予防脳トレ士養成講座」の第1回受講生。やさしく穏やかな脳トレにスキルが高齢者に人気だ。(KB)中山さん1.JPG
posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 09:01| Comment(0) | 日記

2015年05月05日

4月26日「軽度認知症(MCI)診断士養成講座」が暑かった

4月26日(日)「軽度認知症(MCI)診断士養成講座」が長野のTOIGOで開催。「認知症予防脳トレ士」が中心に42名が受講し、42名の「MCI診断士」が誕生した。長野の「MCI診断士」はやる気むんむん。会場は熱気で暑かったこと!!!! これからの活躍が楽しみでした(ON)長野MCIもろお(1).JPG
posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 20:52| Comment(0) | 日記