2017年10月04日

「川東サロンえんがわ」にて「脳トレ&薬草膳バイキング」

高木保脳トレ士(広島)からの報告です。
9月29日(金)10時から13時15分 44名が参加

<脳トレ編>
骨粗しょう症予防とつまずき防止運動から脳トレに入りました。
論理脳ドリル・推理判断力ドリル・記憶力ドリル・デュアルタスク問題などの後、瞑想タイムを入れ、皆さんと一緒に盛り上がりました。

<薬草膳バイキング編>
好きなものをそれぞれが皿に取り、食べます。
献立内容は、5分つきのご飯・薬草の天ぷら・薬草のおひたし・薬草と豆腐のグラタン・厚揚げと椎茸と薬草の煮しめ・そうめんカボチャの酢の物などです。
(米・薬草・カボチャ・そうめんカボチャ・ゴボウ・にんじん・栗は、サロンに来ている人が持ち寄り、調理しました)

川東2109.JPG

川東2115.JPG





posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 21:32| Comment(0) | 日記

2017年09月06日

創価大学学部生からMCIについてのアドバイスを求められました

創価大学齋藤.JPG

 8月29日(火)、創価大学経営学部安田ゼミteamACT(3年生齋藤彩音さんほか)から、NPOがオリジナルに作成した「ミニKOMーMCIテスト」についての研修&アドバイスを求められました。
『記憶をずっと、笑顔をもっと』【MCIから始める認知症予防】というテーマで、「多摩の学生まちづくり・ものづくりコンペティション2017」に挑戦するそうです。

 喫緊のソーシャル課題である認知症予防への学生さんたちの取り組み、NPOも大いに応援したいです。
posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 20:25| Comment(0) | 日記

2017年08月31日

鶴ヶ島市健康福祉部の依頼により「認知症予防脳トレ教室」は大好評

鶴ヶ島アンケート結果.pdf

 鶴ヶ島市健康福祉部から依頼にされた「認知症予防脳トレ教室」終了後、アンケートを無記名で取らせていただきましたが素晴らしく好評でした。
 また、寄せられた感想も NPOの活動を後押ししていただいたと解釈しています。

<参加者の感想>
・あっというまに時間が過ぎた。もう少し長くてもできると思う 2人
・もう少し長い期間あったほうがいい
・とても有意義な時間でした  3人
・1週間のいいアクセントになりました
・毎週は大変なので1ヶ月に2回ぐらい、6ヶ月続けてほしい
・楽しい時間でした
・これからも頭を使い、指を使い、声を出して、身体を動かし、脳トレをやていきます 4人
・これからも脳トレ教室を開催していただきたいです
・問題の答えは宿題にしてもらって、家でじっくり考えたい。その場で答えられてしまうと自分の脳トレにならない
・自分の頭の固さにがっくりくることがある
・ミニ日記は、思い出したり、文章を流れを考えたり、漢字を調べたり、久しぶりに書く機会をもらいました 2人
・これからも何かしら書くことを続けていきたいです
・「潜在能力テスト」のような教室で、知識がなくても脳トレになることが楽しかった
・いろいろ教えていただきありがとうございました
・宿題は難しかったですが、脳が働いたと思います
・手足を使った脳トレをもっと増やしてほしい 2人
・朝起きて忘れないために、前日の食事をすぐ書いている自分がおかしい
・「1日遅れミニ日記」についてはプライベートもあり、他の方法のほうがいいのではないか
・最終日は総括の方がいい
・終って帰るとき、あたまがすっきりしていた 2人
posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 08:22| Comment(0) | 日記

2017年08月16日

鶴ケ島市から委託された「認知症予防脳トレ教室(前期)」終了

6月7日(水)〜8月9日(水)、毎週水曜日、計10回、鶴ケ島市健康福祉部から委託された「認知症予防脳トレ教室」(毎回富士見市民センター、午後1時30分〜午後3時)を実施しました。

・「スマート脳トレ」(「推奨!脳トレ教材・脳トレ教具」のページ http://ninchisyoyobo.com/mci-examination.html)を中心にしたカリキュラム
・早口言葉・ジュゲム・指運動などのアクションを入れる
・毎回、宿題ドリル提供
・「1日遅れ日記」をつける(希望者のみ)

と毎回盛りだくさんの内容でしたが、大好評でした。

小貫鶴ヶ島1.jpg

ピクチャ 1.jpg

ピクチャ 2.jpg

1日遅れ日記.jpg
posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 11:16| Comment(0) | 日記

2017年07月05日

岐阜市木之本公民館様より感謝のお手紙をいただきました

岐阜市木之本公民館です。

今年の5月〜6月にかけて3回、そして10月下旬にあと1回、「うきうきタイム楽しく笑って脳の若返り」という講座を、NPOからご紹介いただきました「認知症予防脳トレ士」の清水博子様に、お願いいたしました。
とても参加の方々に喜んでいただけ、清水先生のおかげととても感謝しております。
(中略)

持ち帰って楽しみが広がる部分とモニターを使ってのクイズや笑いの絶えないゲームなど、来館しなければ楽しめない部分を併せ持った素晴らしい講座で嬉しかったです。
今月最初の講座が月1回日曜の新聞に折り込まれる地域の「どまん中ニュース」に載りましたのでお礼をお伝えするとともにご覧いただけたらと存じお便り申し上げました。
(後略)

木之本公民館 記事.png

木之本公民館画像1.png
posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 07:30| Comment(0) | 日記

2017年06月10日

「第26回アタマげんき教室」を開催(富山県射水市)

・日時時間:平成29年6月3日(土)午後2時〜3時
・脳トレ士:五十嵐勝義、川口達実、表克昌
      スタッフ 辻晶子、高井大志
3)主催 :TOSS富山、NPO富山教師
4)会場 :射水市 「太閤の杜」(富山)
5)参加者:高齢者約40人
6)内容 :
 ・準備運動
 ・梅雨に関する歌から、富山県の花である「チューリップ」のクイズ。
  高齢者の方は正解しても、間違っても大喜びでした。
 ・昔の民具の紹介
  下駄やエビスなどが人気でした。
  お手玉を「しっちょこ」ということや昔下駄を作っていたお話をしました。

次回は、少し空いて、8月3日(木)の予定です。

P1160027.jpg
posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 09:27| Comment(0) | 日記

2017年05月25日

雑誌からの依頼で、「MCI脳トレ士」が実践原稿を執筆

 株)カレアの佐藤愛子さん(認知症予防脳トレ士・MCI脳トレ士)と大田区立徳持高齢者在宅サービスセンターの新垣美里さん(認知症予防脳トレ士・MCI脳トレ士)が、日総研出版(本部名古屋市)発行の雑誌「高齢者安心安全ケア 実践と記録」から依頼され、特集「MCIを理解して認知症を予防しよう!」に原稿を執筆しました。

 中身は、両施設で日頃から実施している「歌を中心にしたプログラム」「数取りゲーム」「お買い物タイム」「伝書ゲーム」など、臨場感のある脳トレ・アクティビティの紹介になっています。

satoaragaki.jpg
posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 11:20| Comment(0) | 日記

2017年05月23日

神奈川県大磯で「PCのスキル教室」兼「認知症予防脳トレ教室」開催中

 神奈川県大磯町の伊藤彩認知症予防脳トレ士が、5月から湘南の地、大磯・茅ヶ崎で「PCのスキル教室」兼「認知症予防脳トレ教室」を開催しています。
 簡単なPCリテラシーを学びながら認知症予防脳トレをしようという新しい形の教室です。

https://teracoyap.localinfo.jp/posts/2312335

茅ヶ崎0416.jpg
posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 07:28| Comment(0) | 日記

2017年02月13日

「脳トレ教室」のプレゼンを実施(大阪府河内長野市)

福祉委員会大阪.jpg

大阪の田村ちず子脳トレ士が、大阪府河内長野市の福祉委員会研修会で「脳トレ教室」のプレゼンを実施しました。福祉委員会の皆様が対応されている高齢者へのプログラムに脳トレを取り入れるという試みからのプレゼン(実践)依頼です。
参加された委員の28人に大好評でした。その方々の感想の一端です。
・楽しかった。いっぱい笑った。
・自分が楽しむことも大事だけれど、人を楽しませることも大事だとわかった。
・有意義な会だった。高齢者と接するときに役立てたい。
・輪になってのゲーム、家でもやってみたい。
・最近、ボケてきたが、眠っていた脳が活性化した。
・家では音痴だから歌うなと言われているけれど、今日はいっぱい大きな声で歌えた。
・脳トレとは声を出す、体を動かす等のことだとよくわかった。
・脳の使い方にはいろんな方法がある。笑うことが一番というのも分かった。
・先生の元気を見習いたい。
・会社の研修会でも今日のような活動を取り入れるといいんだと思った。
posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 14:09| Comment(0) | 日記

「アタマ元気教室」開催(横浜鶴見区)


佐々木.jpg
「TOSS横浜」の渡辺善男脳トレ士と佐々木誠脳トレ士の2人が横浜市鶴見の豊岡第二町内会館で「脳トレ教室」を開催しました。
この教室には、6月から「認知症予防脳トレ教室」開催を予定している埼玉県のある市の高齢者福祉課の方が見学に見えました。
担当者の方は、参加者を巻き込む渡辺、佐々木両脳トレ士のスキルに感心され、また、ご自分も楽しんで帰られました。
posted by NPO法人こころとからだの介護予防協会 at 08:44| Comment(0) | 日記